いろいろPHP~備忘録~

WEBエンジニアによる記録

勉強になったことを記録

VirtualBox+VagrantでCentOS環境構築

VirtualBoxインストール

OSに合ったVirtualBoxをダウンロードしてインストール
Downloads – Oracle VM VirtualBox

Vagrantインストール

OSに合ったVagrantをダウンロードしてインストール
www.vagrantup.com

1-1. CentOSVirtualBoxへの登録

VirtualBoxVagrantのインストールが完了したら、VirtualBox用boxファイルを
varant box add {適当な名前} {boxファイルURL}
で取得し、VirtualBoxに登録します。

コマンドプロンプトより

vagrant box add CentOS65 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box

1-2.Vagrantファイルの作成

適当にディレクトリを作成して、その中にVagrantファイルを作成します。

// 新規ディレクトリを作成
mkdir centos

// 作成したディレクトリに移動
cd centos

// Vagrantファイルを作成
vagrant init CentOS65

// Vagrantファイルが存在するか確認
dir

1-3.Vagrantファイルを編集

Vagrantfile

# VMのIPアドレスを設定 コメントアウト
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

# GUIモードの設定をONにする場合は設定(不要ならコメントアウトのままで問題なし)
config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  vb.gui = true
end

編集が完了したら、次はVirtualMachine(以下、VM)を起動します。

1-4.VMを起動

Vagrantfileがあるディレクトリで下記コマンドを実行します。

vagrant up

ここでエラーが発生しなければ、成功です。

sshで接続

Teratermなど、他のクライアントソフトで接続する場合は、
Vagrantfileのconfig.vm.networkで設定したIPアドレスで接続できます。

Vagrantコマンド一覧

// 起動
vagrant up

// 再起動
vagrant reload

// 現状確認
vagrant status

// 一時停止
vagrant suspend

// suspendからの復帰
vagrant resume

// シャットダウン
vagrant halt

// 消去
vagrant destroy